三重県立白子高等学校
サイトマップ

トップページ

白子高ニュース

学校改革の風

保健室からのメッセージ

こんにちは!保護者様!

PTA・同窓会通信

学校概要

学科紹介

クラブ紹介

フォトギャラリー

Q&A

リンク集

交通アクセス

学校概要
メニュー概要校歌キャンパス年間行事

保健室

保健室では

 保健室では生徒が心身ともに健康な学校生活を送れるように、健康診断、保健室対応、保健指導、健康相談、学校環境の検査、熱中症や感染症の予防などといった活動をしています。
 このページでは、『学校感染症による出席停止』と『スポーツ振興センター災害給付制度』について説明させていただきます。

「学校感染症による出席停止」について

感染症の中には出席停止となるものがあります。
出席停止とは、感染症予防と流行防止を目的として行う処置です。
出席停止となる感染症と診断された場合は、学校内での感染拡大を防ぐため、医師の許可が出るまで登校を控えてください。
出席停止となる感染症と診断された場合や、医師から登校を控えるよう指示された場合は、下記のことをお願いします。

1)できるだけ早く担任へ連絡してください。
2)医師の許可が出るまでの期間は登校を控えてください。
3)診察時に「出席停止報告書」を持参し、医師に記入していただいてください。
4)回復後、登校された際に「出席停止報告書」を担任まで提出してください。

【学校感染症における出席停止期間の基準】

対象感染症 出席停止期間の基準
第1種 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘瘡、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARSコロナウイルスであるものに限る。)鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウイルスA(H5N1)であるものに限る。) 治癒するまで
第2種 インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)及び新型インフルエンザ等感染症を除く。) 発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻疹(はしか) 解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下線又は舌下線の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
風疹(三日はしか) 発疹が消失するまで
水痘(水ぼうそう) 全ての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱 主要症状が消退した後2日間を経過するまで
結核 病状により学校医その他の医師において感染症のおそれがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 病状により学校医その他の医師において感染症のおそれがないと認めるまで
第3種 コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他 病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで

*第二種の感染症にかかった者については、学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときはこの限りではない。
*第三種「その他の感染症」:医師の意見により出席停止となるもの。
例えば、流行性下痢嘔吐症(感染性胃腸炎)、マイコプラズマ感染症、溶連菌感染症など。

「出席停止報告書」は、下からダウンロードできます。(保健室にもあります。)
※用紙記入費用は基本的に無料ですが、病院によっては費用がかかる場合もあります。

出席停止報告書をダウンロード

スポーツ振興センター災害給付制度について

本校生徒は入学時に日本スポーツ振興センターの「災害共済給付制度」へ加入しています。
これは、授業中・部活動中・登下校中など、学校管理下で起きた傷病の医療費に対して給付金が支払われる制度です。
申請すると、かかった医療費が戻ってきます。

1つのケガの完治までにかかった金額(健康保険を使用しての自己負担額)が、1500円(500点)以上である場合が条件です。
(健康保険を使用しない場合、自己負担額が5000円以上)
「ケガをした日から2年以内」であれば、申請できます。状況によって必要書類が違うため、詳しい聞き取りが必要です。必ず本人が保健室へ申し出てください。
トップページへ戻る
三重県立白子高等学校 三重県鈴鹿市白子4丁目17-1 TEL 059-386-0017
ご意見、ご質問は、hsirokad@mxs.mie-c.ed.jp
Copyright(c) 2003-2018 by SHIROKO High School All Rights Reserved.